[企画紹介]地域支え合い研究会~地域情報交流会


 これからの地域包括ケアシステムの構築に当たっては、行政ではなく市民の側からの街づくり、地域の支え合い、介護予防の視点が欠かせません。『地域支え合い研究会』は、これからの少子高齢化時代を見据え、誰もが支え合い居場所と出番のある全世代型共生社会の実現を目指しています。医療・介護・福祉の専門機関、民間団体、行政、地域住民が情報交換しながら、地域にはどんなニーズ(困りごと)があり、どんな力(社会資源)があるのかを研究し、実際に必要なサービスを創造してゆくことの成功事例を作り、宇都宮のモデルにできることを期待しています。一緒に学んでくださる方の参加をお待ちしています。
*村井邦彦院長は、福田智恵さん(西原福祉会理事)とともに、「地域支え合い研究会」発起人です。

※資料として、さわやか福祉財団「助け合い活動創出ブック 改訂版」を進呈いたします。

【対 象】どなたでも参加できます
自治会長、民生委員、福祉協力員、包括職員、医療・介護従事者、街づくりに興味がある人、役割を持ちたい人、行政職員、社協職員など



●第39回地域支え合い研究会

第39回となる今回は
『地域の健康づくり 西原地区における地域別データの分析を通して』がテーマです。
地域の皆さんが健康で生きがいを持ち,自立して暮らし続けることができるよう,西原地区の特性や課題などをまとめたものを報告します。今回の西原地区の特性や結果を受けて,地域の状況をデータで確認するとともに,地域の皆さんで情報を共有し,今後の西原地区における健康づくりを考えましょう。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。

◎第39回地域支え合い研究会 new
第39回地域支え合い研究会(2020.11.28)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 11月 28日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『地域の健康づくり
 西原地区における地域別データの分析を通して』
[講 師]鈴木 彩伽 氏(宇都宮市 保健福祉総務課 保健師)
■地域の皆さんが健康で生きがいを持ち,自立して暮らし続けることができるよう,西原地区の特性や課題などをまとめたものを報告します。今回の西原地区の特性や結果を受けて,地域の状況をデータで確認するとともに,地域の皆さんで情報を共有し,今後の西原地区における健康づくりを考えましょう。



●第38回地域支え合い研究会

第38回となる今回は
『地域資源を活かす・つなげることを意識した社会的処方~新たな個別プランの取り組み~』がテーマです。
人口減少、少子高齢化、過疎化が進行する中山間地域において、高齢者を対象に他者とのつながりや健康状態に関する調査を実施し、そこから新たに取り組みを始めた①地域の中での孤立予防を目的とした「栗っ子支援プラン」と、②高齢者個々人の介護予防を進めていく「栗っ子元気プラン」の二つの個別プランの実践報告です。従来の介護予防プランやケアプランとは異なり、認定を受けていない高齢者や孤立傾向にある住民を対象に個々の生活状況に応じて地域や個人の「いま、ある」資源を活かす・つなげることを意識して作成されています。①②の試行的な取り組み実践から、地域共生社会を考えます。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。

◎第38回地域支え合い研究会 new
第38回地域支え合い研究会(2020.10.24)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 10月 24日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『地域資源を活かす・つなげることを意識した社会的処方
 ~新たな個別プランの取り組み~』
[講 師]中村 哲也 氏(日光社会福祉協議会CSW)
■人口減少、少子高齢化、過疎化が進行する中山間地域において、高齢者を対象に他者とのつながりや健康状態に関する調査を実施し、そこから新たに取り組みを始めた①地域の中での孤立予防を目的とした「栗っ子支援プラン」と、②高齢者個々人の介護予防を進めていく「栗っ子元気プラン」の二つの個別プランの実践報告です。従来の介護予防プランやケアプランとは異なり、認定を受けていない高齢者や孤立傾向にある住民を対象に個々の生活状況に応じて地域や個人の「いま、ある」資源を活かす・つなげることを意識して作成されています。①②の試行的な取り組み実践から、地域共生社会を考えます。



●第37回地域支え合い研究会

第37回となる今回は
『障がいを抱える当事者の近くにいる「きょうだい」の存在』がテーマです。
栃木きょうだい会は、障がいの種別は問わず基本的に18歳以上の障がいを抱える当事者のきょうだいを対象に、ライフステージにおける葛藤をピアのみで話す『集い』とケアを担う際の情報や手法の『学習会』を開催しています。医療や福祉の現場では、親の高齢化と伴に親に対するケアが必要になると同時に、キーパーソンとしての役割が親からきょうだいへと移行していきます。果たしてそれは当たり前のことなのでしょうか。どんな想いで、きょうだいはその役割を担っているのでしょうか。そんな、栃木県におけるきょうだいのリアルをお話しさせていただき、皆様と地域共生社会を考えたいと思います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。

◎第37回地域支え合い研究会 new
第37回地域支え合い研究会(2020.9.19)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 9月 19日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『障がいを抱える当事者の近くにいる「きょうだい」の存在
 ~きょうだいは親亡き後のキーパーソンになり得る?~』
[講 師]仲田 海人 氏(栃木きょうだい会代表)
■栃木きょうだい会は、障がいの種別は問わず基本的に18歳以上の障がいを抱える当事者のきょうだいを対象に、ライフステージにおける葛藤をピアのみで話す『集い』とケアを担う際の情報や手法の『学習会』を開催しています。医療や福祉の現場では、親の高齢化と伴に親に対するケアが必要になると同時に、キーパーソンとしての役割が親からきょうだいへと移行していきます。果たしてそれは当たり前のことなのでしょうか。どんな想いで、きょうだいはその役割を担っているのでしょうか。そんな、栃木県におけるきょうだいのリアルをお話しさせていただき、皆様と地域共生社会を考えたいと思います。



●第36回地域支え合い研究会

第36回となる今回は
『災害と防災-台風第19号による被害と支援から』がテーマです。
2019年10月12日の令和元年台風第19号における宇都宮市の24時間降水量は,観測史上最大の325.5㎜となり,田川流域および姿川流域において甚大な住宅浸水被害が発生しました。災害の多くは,被災者にとっては「個人の記憶」となる一方,将来に向けて被害を最小化していくために,これを正しく記録し,検証調査等を通した「社会の記憶」 としていくことが重要です。本研究会では,同災害による被害や避難・支援に関する実録から,参加者相互で防災を考える契機になればと思います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。

◎第36回地域支え合い研究会
第36回地域支え合い研究会(2020.8.22)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 8月 22日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『災害と防災-台風第19号による被害と支援から』
[講 師]坪井 塑太郎 氏(人と防災未来センターRF)
■2019年10月12日の令和元年台風第19号における宇都宮市の24時間降水量は,観測史上最大の325.5㎜となり,田川流域および姿川流域において甚大な住宅浸水被害が発生しました。災害の多くは,被災者にとっては「個人の記憶」となる一方,将来に向けて被害を最小化していくために,これを正しく記録し,検証調査等を通した「社会の記憶」 としていくことが重要です。本研究会では,同災害による被害や避難・支援に関する実録から,参加者相互で防災を考える契機になればと思います。



●第35回地域支え合い研究会

第35回となる今回は
『宇都宮市 若年者在宅ターミナルケア支援事業のご紹介と+α』がテーマです。
宇都宮市では、今年度から若年者在宅ターミナルケア支援事業を始めました。この事業は悪性疾患などで在宅ターミナルケアをされる方に月6万円を上限に支援を行うものです。18歳と40歳の間にある介護支援のギャップを少しでも埋めるための事業です。本事業の利用方法などを紹介するとともに、行政の内部で私が経験した事業成立のプロセスを皆さんと共有し、福祉政策と政治との関わりの一端を垣間見ていただければと思います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第35回地域支え合い研究会
第35回地域支え合い研究会(2020.7.11)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 7月 11日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『宇都宮市 若年者在宅ターミナルケア支援事業のご紹介と+α』
[講 師]羽金 和彦 氏(宇都宮市保健所所長・参事)
■宇都宮市では、今年度から若年者在宅ターミナルケア支援事業を始めました。この事業は悪性疾患などで在宅ターミナルケアをされる方に月6万円を上限に支援を行うものです。18歳と40歳の間にある介護支援のギャップを少しでも埋めるための事業です。本事業の利用方法などを紹介するとともに、行政の内部で私が経験した事業成立のプロセスを皆さんと共有し、福祉政策と政治との関わりの一端を垣間見ていただければと思います。



●第34回地域支え合い研究会

第34回となる今回は
『死生観~生きるということ~』がテーマです。
いま新型コロナウイルスによってもたらされたショックからどのように立ち上がるかが問われていると感じています。言い換えると社会全体でわたしたちの生活や過ごし方といった「あり方」そのものを見直す必要があると思います。とはいってもそれは全く新しい生き方を提案するものではありません。先人たちの智慧からヒントを導き出して、それらを現代に最適化していくことを考察したいと思います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第34回地域支え合い研究会
第34回地域支え合い研究会(2020.6.20)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 6月 20日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『死生観~生きるということ~』
[講 師]井上 広法 氏(光琳寺住職)
■いま新型コロナウイルスによってもたらされたショックからどのように立ち上がるかが問われていると感じています。言い換えると社会全体でわたしたちの生活や過ごし方といった「あり方」そのものを見直す必要があると思います。とはいってもそれは全く新しい生き方を提案するものではありません。先人たちの智慧からヒントを導き出して、それらを現代に最適化していくことを考察したいと思います。



●第33回地域支え合い研究会

第33回となる今回は
『徘徊模擬訓練』がテーマです。
五代若松原地区まちづくり推進協議会では5年前から「徘徊模擬訓練」を各自治会ごとに実施しており、昨年は店舗や警察等の公共機関を巻き込み「まちづくり」を優先した訓練を実施。また、「支え合いアンケート」で住民ニーズを把握し、支え合い活動を推進している。認知症でも安心して暮らせるまちづくりへの挑戦を伺う。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第33回地域支え合い研究会
第33回地域支え合い研究会(2020.2.8)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 2月 8日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *会場・資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『徘徊模擬訓練と支え合い会議~五代若松原地区の取り組み~』
[講 師]小池 惠一郎 氏(五代若松原連合自治会長)
■五代若松原地区まちづくり推進協議会では5年前から「徘徊模擬訓練」を各自治会ごとに実施しており、昨年は店舗や警察等の公共機関を巻き込み「まちづくり」を優先した訓練を実施。また、「支え合いアンケート」で住民ニーズを把握し、支え合い活動を推進している。認知症でも安心して暮らせるまちづくりへの挑戦を伺う。



●第32回地域支え合い研究会

第32回となる今回は
『8050問題・ひきこもり』がテーマです。
ひきこもっている方とその家族の孤立によって生じていると考えられる「8050問題」。社会的処方の実践とも言える現場の取り組みから、その孤立を防ぐにはどうしたらよいのか?緩やかな人と人とのつながりづくりとは?地域づくりは?など、ともに考え学び合います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第32回地域支え合い研究会
第32回地域支え合い研究会(2020.1.11)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2020年 1月 11日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *会場・資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『8050問題・ひきこもり~孤立を防ぐ地域づくり~』
[講 師]中野 謙作 氏(栃木県若年者支援機構 代表理事)
■ひきこもっている方とその家族の孤立によって生じていると考えられる「8050問題」。社会的処方の実践とも言える現場の取り組みから、その孤立を防ぐにはどうしたらよいのか?緩やかな人と人とのつながりづくりとは?地域づくりは?など、ともに考え学び合います。



●第31回地域支え合い研究会

第31回となる今回は
「2020年に向けて」をテーマとして意見交換会&懇親会を開催します。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第31回地域支え合い研究会
第31回地域支え合い研究会(2019.12.21)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 12月 21日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     扇 美(栃木県宇都宮市六道町12-38)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 1,000円>
    *勉強会&意見交換(軽食)*アルコール有

■プログラム■

2020年に向けて
1)交流会・情報交換会 *アルコールあり

今回はアルコールありです。公共交通機関でお越しください。お車の方へは、ご近所にお願いして駐車場所の協力をいただきました。台数把握のため、事前に申し出てください。(最寄のバス停:陽西通り南、京町西)



●第30回地域支え合い研究会

第30回となる今回は
『知らなきゃ損!使えば得する宇都宮市の予防事業』がテーマです。
意外と知らない宇都宮市の介護予防事業や健康増進事業。昨年まで独立行政法人国立病院機構栃木医療センターに勤務されていた羽金和彦先生からお話を伺います。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第30回地域支え合い研究会 new
第30回地域支え合い研究会(2019.11.30)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 11月 30日(土)開会18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *会場・資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『知らなきゃ損!使えば得する宇都宮市の予防事業』
[講 師]羽金 和彦 氏
宇都宮市保健医療監・副参事/医師(小児外科)
■意外と知らない宇都宮市の介護予防事業や健康増進事業。昨年まで独立行政法人国立病院機構栃木医療センターに勤務されていた羽金和彦先生からお話を伺います。



●第29回地域支え合い研究会

第29回となる今回は
「今をときめいて」~高齢者介護の発想転換~ がテーマです。
介護は生活の援助である。と言うより、「私生活への援助」である。私生活は個々の趣味や習慣、個性、嗜好などを大切に、誰にも干渉されずに過ごしたいものである。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第29回地域支え合い研究会
第29回地域支え合い研究会(2019.10.19)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 10月 19日(土)18:30 *受付18時開始
  • [開催場所]*アクセス
     宇都宮市文化会館 3F 第2会議室
     宇都宮市明保野町7-66 TEL 028-636-2121
  • [対  象]どなたでも参加できます
    参加費 300円 *会場・資料代等として

■プログラム■

1)講 演
『今をときめいて』~高齢者介護の発想転換~
[講 師]中田 光彦 氏
■北海道小樽生まれ。入居者100人の個別な希望を聞き、実践。寝たきりの人や認知症の人をパチンコ・居酒屋・海水浴等へ付き添い、笑顔と意欲を引き出す。■現在、鎌倉市社会福祉協議会登録ホームヘルパー、横浜市介護認定審査会委員、NPO法人風の詩(佐野市)理事、テレビドラマ「任侠ヘルパー」「魔術はささやく」の介護監修等。社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。各地で介護教室・講演・職員研修等を実施している。■著書『今をときめいて!』(雲母書房)他、多数出版。



●第28回地域支え合い研究会

第28回となる今回は
宇都宮初、自治会で高齢者の生活支援事業を実施されている『「お互い様協力隊」活動紹介』がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第28回地域支え合い研究会
第28回地域支え合い研究会(2019.8.31)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 8月 31日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『自治会による「生活支援隊」と、みんなで見守りの「お互いさま協力隊」の活動について』
=高齢者の見守り活動と生活支援事業の取り組み=
[講 師]名取 晴夫 氏(西の宮自治会 お互い様協力隊)
現在、近隣や地域の助け合いが希薄になっています。一方、高齢者は増加しており日常の生活支援や見守り等が課題です。これらの解消に向けた取組と活動の紹介です。
2)わかちあい(交流会)



●第27回地域支え合い研究会

第27回となる今回は
『子どもの貧困ってなあに?』がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第27回地域支え合い研究会 new
第27回地域支え合い研究会(2019.7.27)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 7月 27日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『子どもの貧困ってなあに?』
=関係性の貧困が作る孤立・排除から子どもを守れるか=
[講 師]中野 謙作 氏
(一般社団 栃木県若年者支援機構 代表理事)
「子どもの貧困」とは? 「関係性の貧困」とは? 金銭的に貧困状態ではなくても、関係性の貧困があることがわかってきました。社会問題となっている「子どもの貧困」について、わかりやすく解説していただきます。
2)わかちあい(交流会)



●第26回地域支え合い研究会

第26回となる今回は
『おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)~「みま~も」の視察報告~』がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第26回地域支え合い研究会
第26回地域支え合い研究会(2019.6.29)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 6月 29日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)
 ~「みま~も」の視察報告~』
[講 師]千嶋 巌 先生
(栃木医療センター内科医師;総合内科・家庭医療)
10年前、東京都大森で生まれ、今や全国7か所に広がっている「おおた高齢者見守りネットワーク」通称みま~も。全国自治体、医療介護専門機関、企業、各種団体が注目しています。千嶋先生から「みま~も」の視察報告をいただき、子どもから高齢者まで「誰もが安心して住み続けられる支え合いのまちづくり」の参考にしたいと思います。
2)わかちあい(交流会)



◎第25回地域支え合い研究会
第25回地域支え合い研究会(2019.5.25)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 5月 25日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『清原地区「支え合うまちづくり」について~第2層協議体の取り組み~』
[講 師]塩澤 達俊 氏
(清原地域包括支援センター長・生活コーディネーター)
2017年夏に設置された清原地区の第2協議体、昨年は、アンケート調査を実施して地域のニーズを把握し、「支え合うまちづくり」(生活支援事業)につなげようとしています。その取り組みについてお話を伺います。誰もが安心して住み続けられる「居場所と出番のある」地域共生社会の実現に向けて、一緒に考えてみませんか?
2)わかちあい(交流会)



●第24回地域支え合い研究会

第24回となる今回は
「地域防災力を高めよう!」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第24回地域支え合い研究会
第24回地域支え合い研究会(2019.3.16)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 3月 16日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『地域防災力を高めよう!~DMATの経験から~』
[講 師]林 洋克 氏(日本DMATインストラクター)
DMAT(災害派遣医療チーム)は、震災発生直後の重症外傷患者の救命を行うため、災害が発生すると全国どこへでもすぐに飛んでいくといいます。DAMT活動する中、自分が不在の時でも災害に対応できる地域づくりの必要性を感じ、自分の住まう地域の防災力を高める活動をされています。
地域防災力を高める地域づくりについて伺い、誰もが支え合い居場所と役割のある共生社会の実現のために一緒に考えてみませんか?
2)わかちあい(交流会)



●第23回地域支え合い研究会

第23回となる今回は
「石井地区の向こう三軒両隣協議会の取り組み」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第23回地域支え合い研究会
第23回地域支え合い研究会(2019.2.16)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2019年 2月 16日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)講 演
『石井地区向こう三軒両隣協議会の取り組み』
 ~地域包括ケアシステムの構築と地域福祉活動~
[講 師]菊池 芳夫 氏(石井地区向こう三軒両隣協議会 会長)
皆さんが住む地域は、年を重ねても、一人暮らしでも、安心して暮らし続けられますか?石井地区では、身近な地域で起こっている日々の悲しい出来事を、少しでも無くしていくために、高齢者が安心して暮らしていくために、各自治会に、「向こう三軒両隣協議会」(2017年6月26日設立)を設置し、地域福祉活動を通じて見守り活動を行っています。
石井地区の取組みを参考に、誰もが支え合い、居場所と役割のある共生社会の実現のために、どんな取り組みができるか、一緒に考えてみませんか?
2)わかちあい(交流会)



●第22回地域支え合い研究会

第22回となる今回は
「こころもからだもリフレッシュ;ピラティス体験」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第22回地域支え合い研究会
第22回地域支え合い研究会(2018.12.8)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 12月 8日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     扇 美(栃木県宇都宮市六道町12-38)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 1,000円>
    *勉強会&意見交換(軽食)*アルコール有

■プログラム■

1)『こころもからだもリフレッシュ』
ピラティス インストラクター・バレトン インストラクター
鈴木瑞枝先生をお迎えしてピラティス体験
2)交流会・情報交換会 *アルコールあり



●第21回地域支え合い研究会

第21回となる今回は
「孤独対策と、長寿社会の学習活動について」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第21回地域支え合い研究会
第21回地域支え合い研究会(2018.11.10)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 11月 10日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)『孤独対策と、長寿社会の学習活動について』
[講 師]廣瀬 隆人 氏
一般社団法人とちぎ市民協働研究会 代表理事 / 元宇都宮大学 教授
経済協力開発機構(OECD)の調べでは、「友達や同僚と過ごす時間があまりない」と答えた男性の割合は日本がトップ、女性もメキシコに次ぐ2位です。孤独な人はアルコール依存症、薬物依存症、うつ病など肉体的にも精神的にも健康を損なうリスクが高いことが分かっています。孤独にならない地域づくりを一緒に考えます。
健康長寿には運動や社会活動が良いと言われていますが、学習活動も大きな効果があることが分かってきました。そのエビデンスと効果について伺い、地域活動に取り入れるにはどうしたらよいか、議論していきます。
2)わかちあい(交流会)



●第20回地域支え合い研究会

第20回となる今回は
「マルトリートメントと子どもの発達障がい」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第20回地域支え合い研究会 new
第20回地域支え合い研究会(2018.10.27)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 10月 27日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)『マルトリートメント と 子どもの発達障がい』
[講 師]柳澤 邦夫 氏
上三川町立上三川小学校長
元厚生労働省雇用均等・児童家庭局児童健全育成専門官
子どもの健全な発達を阻害する不適切な養育のことを「マルトリートメント」と呼びます。マルトリートメントによって、子どもの脳は物理的に傷つき、その結果、愛着障がいや発達障がいを引き起こすことも分かってきました。さらに近年、「発達障害の原因と発症メカニズム」という理論を発表されるまで研究がなされています。なぜ、子どもの愛着障がい・発達障がいが増えてきているのでしょうか。そして、大人のどんな行動が「マルトリートメント」になるのでしょうか。みんなでかんがえていきましょう。専門研究者の理論・研究論文等を御紹介させていただきたいと思います。
2)わかちあい(交流会)



●第19回地域支え合い研究会

第19回となる今回は
「発達障がいを抱える家族~発達障がい児者と共生するために~」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第19回地域支え合い研究会
第19回地域支え合い研究会(2018.9.22)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 9月 22日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)【発達障がいを抱える家族~発達障がい児者と共生するために~】
講話者:東海林 吉利子 氏
社会福祉士・精神保健福祉士
発達障がい児者の家族の会で長年ファシリテーターを務めていらっしゃる東海林さんをお招きして、お話を伺います。まずは、「発達障がい」を正しく理解することから始めましょう。家族・地域・社会で共に生きるために。

2)わかちあい(交流会)



●第18回地域支え合い研究会

第18回となる今回は
「健康格差をなして、住んで良かった宇都宮にしたい!」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第18回地域支え合い研究会
第18回地域支え合い研究会(2018.8.25)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 8月 25日(土)18:00
  • [開催場所]*アクセス
     宇都宮市総合コミュニティセンター
     2階研修室(宇都宮市明保野町7-1)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&意見交換(軽食)

■プログラム■

1)【健康格差をなして、住んで良かった宇都宮にしたい!】
提案:千嶋 巌 氏
栃木医療センター内科医師(総合内科・家庭医療)
わたしたちの社会には、縮小・予防すべき健康格差、があります。そのためには、対策に向けた取り組みを行う関係者が、共通理解を持つ事から始まります。まずは、地域にどのような健康問題があるか明確化「見える化」し、それに取り組むメンバー集めと組織化が重要だと思います。「住んでよかった宇都宮」を目指し、地域の為に自分に出来る「幸せのお裾分け」をちょっとずつ始めませんか!

2)わかちあい(交流会)



●第17回地域支え合い研究会

第17回となる今回は
「【終章つながり】 大田原市の見守り活動事例」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第17回地域支え合い研究会
第17回地域支え合い研究会(2018.7.28)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 7月 28日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     宇都宮市総合コミュニティセンター
     2階研修室(宇都宮市明保野町7-1)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&交流会(軽食)

■プログラム■

1)【終章つながり】 大田原市の見守り活動事例
市民で支えあう超高齢社会~やっぱり ここ があったかい~
人生100年を考える時代 住み慣れたこの地で、楽しく豊かにどう生きるか一緒に考えましょう!!

講師|郡司 照江 氏
大田原市第2層生活支援コーディネーター

2)わかちあい(交流会)



●第16回地域支え合い研究会

第16回となる今回は
「こどもの貧困!“こどもSUMSUMプロジェクト”について」「“魅力ある学校づくり地域協議会”地域資源活用の事例」がテーマです。 ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第16回地域支え合い研究会
第16回地域支え合い研究会(2018.6.9)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 6月 9日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&交流会(軽食)

■プログラム■

1)こどもの貧困!「こどもSUMSUMプロジェクト」について
・地域に暮らす多くの皆さんが、子どもの貧困状態に気付き、協力して対策をとっていけば、みんなの力で貧困状態をなくすことが出来るのです。資源を集めて、事業を立ち上げていくための活動について伺い、共生社会について議論を深めます。
2)「魅力ある学校づくり地域協議会」地域資源活用の事例
・西が岡小魅力ある学校づくり地域協議会
「宿題を持って集まろう!(学習支援と食事とレクリエーションの提供)」
・西原小サポーター会議(地域協議会)
「認知症サポーター講座」「まちの先生」
3)わかちあい(交流会)



●第15回地域支え合い研究会

第15回となる今回は「大学生のまちづくり提案」がテーマです。
※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

◎第15回地域支え合い研究会
第15回地域支え合い研究会(2018.5.26)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 5月 26日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     宇都宮市総合コミュニティセンター
     2階研修室(宇都宮市明保野町7-1)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 300円>*勉強会&交流会(軽食)

■プログラム■

(1)大学生のまちづくり提案
[演題]おせっかい人間養成大作戦~地域の台所を中心に~
[講師]あいあい食堂代表 松田 悠希 氏(宇都宮大学大学院生)

「人と人との交流を増やすこと」で気軽に助け合うことができて、お互いに信頼や安心を感じながら地域の中で生きることができる宇都宮にしたい。大学生の発想から生まれた「あいあい食堂」(子ども食堂)の実践と、社会はどう変わろうとしているように若者の目に映るのか、若者世代からのメッセージ。
(2)意見交換・交流会(軽食)
ともに目指す社会について、貧困、無力感、希望、期待などをふまえ、医療、介護、福祉、教育など多彩な視点で交流を深めたいと思います。



●第14回地域支え合い研究会

第14回となる今回は「居場所・サロン」がテーマです。

◎第14回地域支え合い研究会 new
第14回地域支え合い研究会(2018.4.21)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 4月 21日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     扇 美(栃木県宇都宮市六道町12-38)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
    <参加費 500円>*勉強会&交流会(軽食)
    *今回はアルコールも有りの懇親会を企画中!
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)『子ども=支障じゃない!現役ママたちが目指す育て合う街とちぎ』
   [講師]大場 香織 氏(事務代行ウィズマミー代表)

(2)わかちあいの時間(拡大版!)

*今回はアルコールも有りの懇親会を企画しています。
※関東バス京町西、陽西通り南をご利用ください。駐車場あり
 ⇒現地で誘導します。



●第13回地域支え合い研究会

第13回となる今回は、第11回・12回に引き続き「共生社会」がテーマです。

◎第13回地域支え合い研究会
第13回地域支え合い研究会(2018.3.24)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 3月 24日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます<参加費 300円>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

講話1■『食べるって大切~子どもから障がい者まで~』
間庭 昭雄 氏(医療法人宇都宮 新直井病院 管理栄養士)

日々の食事相談・栄養管理から見えてくる「食べる」ことの大切さについてお話を伺います。
講話2■『最後まで口から食べられる支援~在宅で行う栄養管理』
岩本 啓子氏(村井クリニック 在宅訪問管理栄養士)

在宅療養者に対して、他職種と連携を取り在宅利用者の疾患、栄養状態に合わせて在宅で行いやすい方法を介護者と一緒に模索し、簡単に作れる治療食や介護職の相談に応じる、在宅訪問管理栄養士のお話を伺います。



●第12回地域支え合い研究会

第12回となる今回のテーマは、第11回に引き続き『共生社会』です。

◎第12回地域支え合い研究会
第12回地域支え合い研究会(2018.2.17)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2018年 2月 17日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]*アクセス
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
  • [対  象]
     どなたでも参加できます<参加費無料>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると幸いです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

講話1■『清原地区の協議体の取り組みについて』
塩澤 達俊 氏(清原地域包括支援センター長)

昨年夏に設置された清原地区の協議体ができるまで、現在の取り組み、これから、についてお話を伺います。
講話2■『社会医学「コミュニティと健康の関係性」』
千嶋 巌氏(栃木医療センター 内科医師;総合内科・家庭医療)

健康格差を社会的な決定要因が決定づけていると言われています。「健康の社会的決定要因」の重要性、「健康格差」の実態、介護予防戦略見直し、などについて、JAGES(日本老年学的評価研究)プロジェクトに関するお話と、先生の妄想?のお話を伺います。




●第11回地域支え合い研究会

第11回となる今回のテーマは『共生社会』です。

◎第11回地域支え合い研究会
第11回地域支え合い研究会(2017.12.9)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 12月 9日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます<参加費無料>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

講話1■『障害者を地域で見守り交流できる場所を目指して』
鳥取 弘美 氏 アシストン(株) 代表

陰に隠れてしまう障害者、住民とふれあって地域の中で共生できるようになればと、今年の夏、FLATワークス、FLAT Cafeを開設しました。
講話2■『子ども・わかもののミライを育てます』
中野 謙作 氏 (社団)栃木県若年者支援機構代表理事

子どもたちに学ぶ機会を、そして若者たちに働く機会と環境を与えることで、今度は彼らが街や人の応援団となって社会を支える大きなちからになる。・・・私たちはそう信じています。




●第10回地域支え合い研究会

第10回となる今回のテーマは『子ども支援、子育て、障がい』です。
今回は、1996年から地域の居場所づくりを実践してきた飯島惠子氏(NPO法人ゆいの里代表)をお迎えして、『高齢者や地域の皆さんが“もったいない力”を出し合って~お互い様で支え合う街の中の居場所~』と題して、地域でその人らしく暮らし続けていくための自立支援、自己決定、生活の継続性など、本来の介護保険の目指すものと介護保険に頼らない居場所づくりの実践から見えてきたものなどについて、お話を伺います。

◎第10回地域支え合い研究会
第10回地域支え合い研究会(2017.11.25)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 11月 25日(土)14:30~16:30
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます<参加費無料>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

「行きたい場所がある 会いたい人がいる
 ~ケアされる人からささえあう人へ~」
[講師]飯島惠子氏 NPO法人ゆいの里代表




●第9回地域支え合い研究会

第9回となる今回のテーマは『第2層協議体について/地域資源の有効活用について』です。

◎第9回地域支え合い研究会
第9回地域支え合い研究会(2017.10.14)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 10月 14日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)第2層協議体について
 ・報告① 設置に向けた取り組み(西原地区)
 ・報告② 設置までと、現在の取り組み(清原地区)
(2)地域資源の有効活用について
サロンへの出前講座(認知症、介護サービス、介護予防他)、施設の地域開放など、「これならできる」を集めます。




●第8回地域支え合い研究会

第8回となる今回のテーマは『これからの地域ケア会議と第2層協議体の作り方』です。

◎第8回地域支え合い研究会
第8回地域支え合い研究会(2017.9.9)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 9月 9日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)地域の支え合い体制づくりに、何が必要か?
   これまでの地域会議・ケア会議から、「地域ケア会議」へ
(2)「地域ケア会議」と第2層協議体はどうすればできる?
   地域ケア会議の始め方や、地域へのアプローチなど
(3)わかちあいの時間




●第7回地域支え合い研究会

第7回となる今回のテーマは『地域資源・社会資源』です。

◎第7回地域支え合い研究会
第7回地域支え合い研究会(2017.7.29)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 7月 29日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)「暮らしに役立つサービス」の紹介
   ~秋田市:エイジフレンドリィシティ構想から
(2)身近な「地域資源」を探してみよう
(3)わかちあいの時間




●第6回地域支え合い研究会

第6回となる今回のテーマは、まずは「宇都宮市地域包括ケア推進室」についてお話いただき、続いて「住民の潜在的ニーズの把握について」と題して、ニーズ把握のための住民アンケート(項目)、そして住民アンケートの地域協力について、皆さんと考えていきます。

◎第6回地域支え合い研究会
第6回地域支え合い研究会(2017.6.17)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 6月 17日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)「宇都宮市地域包括ケア推進室」のお話し
 講師:山口 健太 氏(地域包括ケア推進室 主任主事)
(2)「住民の潜在的ニーズの把握について」
 ・ニーズ把握のための住民アンケート(項目)を考える
 ・住民アンケートの地域協力を考える
(3)わかち合いの時間




●第5回地域支え合い研究会

第5回となる今回のテーマは、まずは「NHK/TV報道から見えてくる、高齢化の社会的課題」についてご講演いただき、続いて「資料 大分県臼杵市「地域支え合い」の仕組み に学ぶ」と題して、成功事例とともに、枠組みを超えた連携・地域コミュニティの活性化について議論します。

◎第5回地域支え合い研究会
第5回地域支え合い研究会(2017.5.20)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 5月 20日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)NHK/TV報道から見えてくる、高齢化の社会的課題
 情報提供|後藤 義道 氏(㈱ゆうわ代表取締役)
(2)資料 大分県臼杵市「地域支え合い」の仕組み に学ぶ
 ~ 枠組みを超えた連携・地域コミュニティの活性化 ~
(3) 意見交換会




●第4回地域支え合い研究会

第4回となる今回は、まずは、青田賢之さん(NPO法人福聚会 代表)に「地域づくりとしての日常生活支援総合事業について」と題して、地域づくり、生活支援コーディネーター、事業展開等について、続いて石綱秀行さん(和久井亭 管理者)より「生きがい特化型デイサービス 和久井亭・小杉亭の取り組み」についてお話いただき、参加者の皆さんとともに議論を深めることもできました。

◎第4回地域支え合い研究会
第4回地域支え合い研究会(2017.4.22)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 4月 22日(土)18:00~21:00
  • [開催場所]
     西原地域コミュニティセンター2階
     AB会議室(宇都宮市西原2-5-42*西原小学校敷地内)
     *アクセス
  • [対  象]
     どなたでも参加できます
     <参加費300円*差入れ大歓迎>
    ※準備の都合上、E-Mail/Facebook/FAX等で参加表明いただけると嬉しいです。当日参加も歓迎します。

■プログラム■

(1)「地域づくりとしての日常生活支援総合事業について」
 ※地域づくり、生活支援コーディネーター、事業展開 の説明
 発表者|青田 賢之(NPO法人福聚会 代表)
(2)「生きがい特化型デイサービス 和久井亭・小杉亭の取り組み」
 ※こんなことができます。人がいれば可能性は無限大!
 発表者|石綱 秀行(和久井亭 管理者)
(3) 意見交換会




受診される皆様へ

こんにちは。
栃木県宇都宮市にある村井クリニックです。私たちは医療を通じて皆様の幸せな生活を支えます。


インターネットで初診・再診予約ができます。
利用できない場合は登録を確認いたしますのでお手数ですがお電話等でご連絡ください。
ぜひご利用ください。

*サービス利用に関する注意点



村井クリニック お問い合わせ電話番号 ご予約・お悩み・ご不明点などありましたらお気軽にご相談ください。